mite.fロゴ

住宅へのこだわり北欧風の注文住宅ってどんな家?

注文住宅で北欧スタイルの住宅って最近人気ですよね。シンプルだけど、印象的な、白を基調とした素敵なデザイン…。
今回は、その北欧スタイルの住宅についてお話していこうと思います。



■北欧住宅の特徴

北欧住宅とは、スウェーデンの住宅のことを指します。
家具メーカーとして有名なのにIKEAがありますよね。あれらの家具や洋館スタイルが北欧住宅のイメージに近いかと思います。外壁の塗り方等で、それぞれの住宅で個性が出やすいのも北欧住宅の特徴かと思います。




■気密性

スウェーデンの気候は年間を通して寒いといえます。特に冬の寒さ厳しいです。
ですから、そのような気候でも快適に暮らせるように、「気密性」に関しては、かなり高くつくられています。日本の住宅が、高温多湿の夏を涼しく過ごせるように工夫されているのと同じですね。




■デザイン

北欧住宅のデザインは、白い壁と木目を生かした床が特徴のシンプル且つ飽きにくいものとなっています。そのため、長く住むのにはとても良いかと思います。
また、プライベートな空間と家族の共有スペースとの境がしっかりしているのも特徴です。




■住み心地

北欧住宅だからといって住み心地の違いは特にありません。ましてや日本で北欧住宅を建てるのであれば、例えば「和室を入れたい」という場合には、それも可能ですから、見た目は北欧住宅風で、中身の変えたい部分は自分たちの要望に合わせて行けば良いと思います。




■耐久性・耐震性

日本の住宅の寿命は約30年と言われている一方、北欧住宅の寿命は50年と言われています。メンテナンスは必要ですが、同じ条件下なら、日本の家よりも長持ちするのではないかと思います。
耐震性に関しては、北欧住宅風だとしても、実際には日本の建築基準法に従って建てられるわけですから(日本で建築する場合)、震災対策抜群の日本の建築技量を基本に考えていって大丈夫でしょう。材料の調達に関しても、昔は、全て現地から調達していたかと思いますが、現在では、傷みやすい部分は国産のもの、そうでないものは現地のもの、といったように使い分けているメーカーがほとんどですので、その点もそこまで心配はないかと思います。


以上が北欧住宅についての簡単な説明となりますが、いかがでしたでしょうか?
日本で建てる分には、北欧の住宅をそのまま建てるわけではありませんので、特に不安に思う必要はないかと思います。
おしゃれで個性的な素敵なお家づくりにぜひ参考にしてみてくださいね。