mite.fロゴ

暮らしのコラム注文住宅の寿命はどのくらい?家を長持ちさせるコツとは?

注文住宅はゼロから自分たちでアイデアを出してつくっていくわけですから、長く大事に住みたいですよね。今回は、そんな注文住宅の「寿命」について考えていきたいと思います。




【注文住宅の寿命】  

日本では一般的に木造一戸建ての耐用年数が約30年と言われています。
しかしこれは、メンテナンス等をちゃんとしなかった場合のことです。実際、管理と修繕をしっかりと行っていれば、欠陥住宅でない限り、50年や70年ぐらいは何事もなく建物維持はできるのです。もちろん、注文住宅を建てて全くメンテナンスをせずに30年間放置していれば、家がボロボロになってしまうのは当然です。しかし、外壁の塗り直しなどを10〜15年に一度行う、常に風通しをよくしておく、などをすれば、50年以上は軽く持つのです。
ハウスメーカーなどがよく言う「築30年ぐらいでの建て替えが一般的ですね。」という言葉は、建築業界の儲けを考えているだけですので気にしないようにしましょう。




【家が長持ちする条件】  

・耐久性があること
素材を厳選する、施工方法を工夫する、などをし、もともとの耐久性を高めておけばメンテナンスもしやすいです。また、メンテナンスをして長持ちさせることをあらかじめ考慮している家づくりであれば、適切なメンテナンスをしている限り、本来の性能を保てますよね。



・家族構成や暮らし方の変化に対応できる
家は何世代にも渡って住まれるわけですから、家族構成や暮らし方への変化に柔軟い対応できる方が長く住み続けられます。リフォームのことも考慮された構造体がしっかりした家づくりですと、間取り等を変え、何世代にも渡って大事にしていくことができるのです。




【まとめ】  

注文住宅の寿命は、何もしないで放置しておくと30年でボロボロになってしまいますが、どれだけ長く維持できるかは、メンテナンス次第です。
また、上にも述べましたが、耐久性の高い家を建てると、適切なメンテナンスにより長く保たせられますし、住み手の変化に応じてリフォームをし、その後の快適な暮らし若しくは賃貸や売却などを選択し収入を得ることもできます。一方、耐久性の低い家を建ててしまうと、たとえメンテナンスをしていても、リフォーム等は難しいため、住み手に変化が訪れた際には住めなくなってしまいます。よって、家の寿命には、「耐久性の高い家」をつくることが重要なのではないかと思います。素敵な注文住宅づくりにぜひ役立てみてくださいね。