mite.fロゴ

住宅へのこだわり注文住宅の内装は何を考えたら良い?

注文住宅はゼロから全て自分たちのアイデアを反映させられるわけですから、内装にも色々と拘りたいですよね。そこで今回は、内装を考える上でのポイントをお伝えしていこうと思います。





◎内装のポイント①

・設備: 床暖房、IH防犯機器、食器洗い機、浴室暖房乾燥機、キッチン足元暖房、浄水器、24時間風呂、ディスポーザー、乾燥機能付き暖房洗浄便座などといった設備は、最初からつけておくのと後からつけるのとではコストがかなり違います。だからと言って、なんでもかんでもつけておくのが良いかというとそうではありません。自分たちの生活には何が必要なのかをしっかりと家族で話し合われて決めてください。

・玄関の鍵:
最近の家は、一般家庭であってもセキュリティ完備が強化されてますよね。セキュリティ面で言うと鍵は重要ですね。ピッキング防止にもディンプルキーで二重ロックがオススメですね。

・窓:防犯防止には二重ロック窓がいいと思います。また、合わせガラスにすることでも空き巣対策につながります。他に、断熱性のある複層ガラス等もオススメです。

・下地材:階段や廊下、トイレの壁等に手すりなどを設置したいと考えるのであれば、下地材は入れた方が良いかと思います。




◎内装のポイント②

・通気:排気口や換気扇の設置は、しっかりと間取りを見て考えるようにしましょう。また、素人には間取り上では気づけないこともあるので、依頼先のプロの方にも確認し、実際住んでみたら、全然換気が上手くいかないなんてことのないようにしましょう。



・壁:壁紙に関しては、用途に合わせて様々なものがあります。(例えば、消臭効果、汚れにくい素材など)また、防音を気にするのであれば、遮音材を入れるのも良いと思います。

・ブザー:トイレや浴槽にブザーをつけておくと、高齢者が住まれる際にも安心かと思います。





◎内装のポイント③

・コンセント:コンセントの位置は重要です。家具の置き場によっては使えなくなってしまう場合もありますので、コンセントの位置を決める段階で、ある程度部屋の間取りは考えておくようにした方がいいかもしれません。また、できれば多めに設置することをおすすめします。

・配線:配線に関しても、あらかじめパソコンやFAXなどの置き場を考えておくといいと思います。

・スイッチ:スイッチ自体にも色々と種類があります。真っ暗な部屋の中でもスイッチの手元がわかるような蛍スイッチや、離れた場所からでも確認できるパイロットスイッチ等もあります。



以上、内装のポイントで思いつくものをいくつか挙げましたがいかがでしたでしょうか?
参考にしてみてくださいね。