mite.fロゴ

暮らしのコラム注文住宅保証は安心?瑕疵保険って何?

住宅を建てる際、保障があると万が一の時に安心することができます。
では、注文住宅を建てる際は保障そうなっているのでしょうか?



【新築住宅の10年保証】  

注文住宅、建売住宅ともに、「10年保証」を謳っている会社をよく見ませんか?
それは、新築住宅の場合、完成して引っ越してから10年間は法律で保証が義務付けられているからです。これは、2000年の4月1日から施行されました。この保証の内容は、建物に欠陥が見つかった際に、買主は売主や施工会社、ハウスメーカー等に修補を求めることができるという内容です。しかし、ここで勘違いをしてはいけないのは、なんでもかんでも適応されるわけではない
ということです。対象範囲と請求できる内容をきちんと確認しておきましょう。また、期間は10年未満にすることはできないとされています。

・対象となる部分
  構造耐力上主要な部分:基礎、柱、屋根、床、小屋組、土台、筋交いなど

  雨水の浸入を防止する部分:屋根、外壁など

・請求できる内容
  修補、損害賠償、売買契約の解除(修補不能な場合)


しかし、「保証」があるからといって、必ずしも安心というわけではないのです。
秩序ある会社ですと、しっかりした対応をしてくれると思いますが、中には悪徳な会社もありますので、保証義務を実行してくれないところもあります。その会社の財務力がない場合や最悪の場合、倒産してしまった場合には解決されにくい問題となってしまいます。それをカバーするために、新たな対応策として2009年に登場したのが、「瑕疵保険」と「供託」です。




【新築住宅の瑕疵保険】  

この保険は、上記の倒産等が起きてしまった場合に、本来その倒産会社が支払うべきはずだったものが消費者に支払われるというものです。こちらに関しても、全てに関して保険対象となるわけではありません。ですから、保険に加入することでも100%の安心は買えないのです。
それでは、消費者はどのような対策がとれるのでしょうか。答えとしては、そもそも100%の安心は買えないということです。いくら手厚い保証があったとしても、どんな欠陥が出てきてしまうのかはその時にならないとわかりませんし、その時の会社の情勢もわからないですよね。そうなると逆に、欠陥を極力生み出さないようにすることに注力した方がいいのかもしれませんね。(もちろん家は永久的なものではないので、築年数が長く経ち自然に朽ちる分には仕方ありませんが。)完成物件なら契約前の住宅診断、未完成物件なら契約後に建築中の住宅検査を第三者に依頼する、などといったことも、一つの対策方法なのではないでしょうか。